犬の問題行動の原因はストレス

fuutokonn

犬はとっても賢い

犬と暮らすときに大切なことは何だと思いますか?
犬と暮らすにはきちんとしつけをしてあげないといけないとか、人間社会のルールを教えてあげないとわからないとか、よく耳にすると思います。
そう、犬といったらまず「しつけ」のイメージはないでしょうか?

しかし、犬はしつけが必要だということがまず間違いの入口なのです。
犬にしつけはいりません。

犬は本来とても賢い生き物です。
私たちが想像するよりもっともっと賢いと思ってください。
人間社会のルールを教えなくても、しつけをしなくても自分たちの目でよく観察し、よく考え、その場に適した行動を自分でとることができます。
問題解決の能力にも長けています。そして色々と工夫したり、発明したりすることも得意です。
私たち人間が教えることは何もないと言っても言い過ぎではないのです。

しかし、犬について困っている人はたくさんいます。
吠えたり、咬んだり、リードを引っ張ったり、家具を壊したり。。
賢いはずの犬たちはなぜこんな困ることをするのでしょうか?

原因はストレスが多すぎるってこと!

その原因は犬に抱えきれないほどのストレスがかかりすぎてしまっているからです。
犬として正常な状態ではいられなくなっているということです。
人間も大きなストレスにずっと晒されていると、正常な判断力を失ってしまいますよね。それと同じです。

ではなぜ、犬がそんな大きなストレスを抱えているのでしょうか。
それは間違った接し方や犬の習性から大きく逸脱した生活をさせていることによります。

裏を返せば、犬の習性を大事にして、正しい接し方をすれば犬は本来の賢さを発揮してくれるということになります。

しつけをするよりも、ストレスをかけずにいかに快適に暮らせるかを考えてみるというのが犬との幸せな生活の近道になります。
これは犬種も犬の大きさも関係ない、普遍のものです。
ぜひ覚えておいてください。

〇ポイント〇
犬はとても賢い生き物。
しつけはいらない。
ストレスがないように、快適な暮らしが一番大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です