吠えることには意味がある

犬の吠えには意味がある

「犬が吠える」というと困ったことと捉える人は多いのではないでしょうか?
しかし、犬が吠えるのはいろんな意味があります。
例えば、玄関チャイムに吠える、宅配便の配達に吠える、人が近づいてきたときに吠えるなどは警戒や相手への警告、または飼い主に知らせたり、興奮していたり、怖がっていたりすることを意味します。
犬が吠えることで私たちも外の様子が分かったり、犬の心情が理解できたりします。

犬の吠えはコミュニケーションツールのひとつ

このように意味のある犬の吠えは全く悪いことではなく、犬のコミュニケーションツールのひとつです。
また吠えることに対して、宅配便がきたら「わかったよ」と言ったり、「ちゃんと対応するから大丈夫だよ」と伝えたり、怖がっているのであれば怖い対象から遠ざかるなど対処の仕方があります。
吠えないことが望ましいということをよく言われますが、それは犬に対してとても負荷がかかることを望んでいることであり、非常に不自然なことです。

こんな吠えには注意

しかし、犬が小さな物音にも過敏に反応してずっと吠えていたり、甲高い声で長い時間吠えていたりするのは注意が必要です。
吠えるのもエネルギーがいるので犬はむやみに吠えません。
過敏に過剰に吠えるのは、やはりストレスが多大に溜まっているのが原因です。
ストレスの少ない、居心地のよい生活を送ることができれば、過敏に物音に反応して吠えることも、いつまでも吠え続けることも徐々になくなっていき、ゆっくり落ち着いて過ごせることができます。

吠えることは悪いことではないということを知ってほしいと思います。

ポイント
吠えることはコミュニケーションツールのひとつ。
吠えることで用事を知らせたり、警戒を知らせたりする。
小さな物音にも過敏に吠えたり、吠え続けたりするのは多大なストレスが原因。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です