噛むのは犬のせいではない

犬が噛むのは怖いから

犬の問題行動の中でもとても困るもので咬みつきがあります。
咬まれると痛いし、また咬まれるかもという恐怖心もありますよね。
咬まれてしまったら心身ともに傷ついてしまいますが、実は噛んでいる犬もとてもショックを受けたり、咬まなければいけないほど追い詰められている状態になっています。

犬は人間への注目度が大変高く、一緒にのんびり暮らすことが何よりも好きな生き物です。
そんな犬が飼い主に咬みつくという事態はとても深刻であり、異常事態であると認識しなければいけません。

犬は嫌なことをされそうになるととても早い段階から「やめて」「怖いよ」のボディランゲージをします。
舌をペロっとだしたり、瞬きをしたり、横を向いたりします。
それでもダメなときは唸ったり、空咬みをします。
そしてそれでも伝わらないときに身を守るために、またパニックになったり、どうしようもなくなったりして咬みつきます。
恐怖と不安で自分が咬んでいることすらわからない場合もあります。
人間でいうならジタバタして身を守る形です。

何度も何度も「嫌だ」と言っても聞き入れてもらえない、伝わらないというのは絶望的だと思います。
それがずっと続く苦痛は計り知れないものではないでしょうか。

噛みつきは犬のせいではない

咬みつきは犬の嫌なことをやめると早い段階でおさまっていきます。
犬の気持ちをよく考えて、嫌だのボディランゲージをよく見て、犬の嫌がることをしない、心地よく暮らすことができるようにすると必ず解決します。

咬みつきは犬のせいではないということを知ってください。

ポイント

犬が咬みつくのは深刻な事態である。
咬みつきは嫌がることをせず、心地よい生活をすれば解決す

2 件のコメント

  • 現在3か月半になる柴犬♂との生活を始めました。なるべくponoponoを取り入れたくて、ケージやハウスを設けずに室内でフリーの状態にしています。
    私が家にいる時間がほとんどなので、お昼寝する時にも私にべったりだったり、散歩や、何処かに行くと後をついてきたり、最初は一緒に寝ていたのですが、私の方が疲れてしまったので、今は別の部屋で寝かせている様な状況なのですが・・・
    手や足、腕などの甘噛みがすごいのです。子犬の時期を過ぎれば噛まなくなるという情報を目にしているので、「痛い!」と高い声で言ってみたり、無反応にしてみたりするのですが、なかなか収まらず。。
    私が床に座ったりするときなどは、顔に突進してくるような感じて、上半身に乗りかかってきたり。顔を舐めたいのかな?とも思ったり、そういう時はクンクンと高い声で鳴いているので、もっと遊びたいのか、甘えたいのか、何かして欲しい事があるような感じは分かるのですが、噛む力が強いので、どうしたらいいのか悩んでいます。

    • きつね さん☆
      コメントありがとうございます。
      柴犬さん、べったりだったり、あとをついてくることは分離不安行動で、噛むのも不安が強いが故だと思います。
      クンクンと高くなくのも不安なときに見られます。
      ヴェンさんが噛んでいたときの行動とよく似ているというか同じでした。
      噛むのはイヌも人もつらいのでカウンセリングをおすすめします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です