お外でご飯たべるよ

私が一緒にさせてもらっていいるフリースクールですが、体調を優先させてもらい事務作業や自宅でできることをさせてもらっています。
いろいろイベントや日々の活動もあっているけれど、なかなか参加できずにいますが、焦らず、今自分ができるところからやっています。

3回目の手術やその後の不整脈の治療があり、よくよく考えて就職した県庁職員を辞めるときは葛藤や周りからの残念コールがあり落ち込んだ時期もありました。
でも、今フリースクールに関わる中で行政文書がスラスラわかったり、補助金の申請の内容がよくわかったりなどで辞めて悲しいこともあったけど、どんな形でも役に立つことはあるんだなぁとうれしくなります。

悲しいことやううんと考え込んでしまうこと、間違った選択しちゃったかもと怖くなることもあるけれど、そのときにたくさん考えて出した行動はきっとよいことにつながるんだと思います。

今日はフリースクール「森の自分学校」の機織りワークショップでした。
去年の夏に機織りに出会い、こんなすてきなものがあるのだと思い、少しずつ織りの勉強をしています。
教えていただいている織りの先生のワークショップだったので「行きたい」気持ちが膨らみ久々にイベントに参加しました。
少し子どもたちにアドバイスしたりもできるようになり、私はマル織りをしました。


↑みんなで作った作品。

ちょっと外に出て活動しただけだったのにかなり疲れて、みんなで寝ました。

夜ご飯のときルカが
「ぼく、脱衣所のドアを閉めてその中でご飯食べるの嫌だよ。」と言ってきました。
ルカは鼻が長細いので食べるのがとてもゆっくりです。
コンちゃんが早食いをして狙っているので脱衣所のドアを閉めて食べてもらっていました。

「そしたらどうしようかねぇ?」と考えていると
ルカが「こっちこっち」とウッドデッキのほうに誘導してくれました。

「ぼく、ウッドデッキで外で食べるから窓閉めてね。」と提案してくれました。
きっと狭いところよりお外のひろびろ空間のほうが窓を閉めるのでも心持ちが変わるのかなと思いました。

ヴェンちゃん、ルカはもう横取りできないのでコンちゃんもあきらめてゆっくりご飯を食べていました。

ルカがお庭でご飯食べるよと教えてくれてよかったなぁと思います。

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です