楓ちゃんの考え

ハウちゃんが夕方に
「ベッドで一緒に寝ましょう」と言いました。
そういうときは私をちらちら見ているので「どうしたの?」と言うとニコッと笑って寝室に歩き出します。
抱っこして添い寝をするとすぐに寝息を立てて寝てしまいました。

反対側にはヴェンさんがきて、つむちゃんも横にきて、ガッチリ型にはまって動けない感じになりました。
しばらくしてから楓ちゃんが来て、「ぼくはどこに寝ようか。。。」と考えているようでした。
楓ちゃんは胸の上に寝ようと思ったようですが、ジャンプしないとハウちゃんを踏んずけてしまうのでどうしようかなと考えていました。

普通はジャンプして乗ってくるけれど、私の様子を見て胸のあたりが痛いのがわかっていてジャンプはしなかったのかもしれないと感じました。
ジャンプせずにベッドの背もたれ?部分に乗ってまたどうしようかと考えていました。

そして楓ちゃんの選択は・・・・
私のおでこに前足をまずおいて、おでこに一度移動し、そしてゆっくり胸に移動しました。
おでこに乗ってきたときはおかしくて笑ってしまいました。
いろいろ気遣ってくれてありがとうと思います。


これは気に入ってくれるだろうと購入した爪とぎ。
4日間経ったけど、ひとりも見向きもしてくれません。
とほほ。

にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です