検診攻略法

今日は月に1度になった福岡の病院への検診でした。
手術をして3か月程度。全部切っていた肋骨ももうくっついている時期でバストバンドを外してもいいころになりました。

いろいろな検査とペースメーカーの調整をします。
検査はとても疲れるし、やはり手術した病院に行くには緊張するのでお父さんがスケジュールを調整していつも連れて行ってくれています。
これはとても心強い。

受付にぺッパー君がいたので握手してみたら
「もう少し下がってください」と怒られてしまいました。
ペッパー君のパーソナルスペースを侵害してしまったようです。

受付をして採血にいったら40分まち、ひえ~。
早く帰りたいので採血の受付だけしてレントゲンにGO!!
レントゲンもたくさんの人が待っていました。
ちょうど30分くらいかかるかなと言う待ち時間の予想だったのでレントゲン→採血→その他の検査をすれば一番早く回れると思いました。
計画通りに検査も進み、ペースメーカーの調整も終わり、主治医の診察です。

身体が疲れないように、心臓がオーバーワークにならないようにとのことでした。
しかし、著しい変化もないので福岡の病院の検診は3か月に1度になり、2週間に1度は地元のかかりつけ病院でフォローをすることになりました。

そしてサラッと主治医が「手術から1年後には心臓カテーテル検査して詳しく検査してまだ悪いところがないか、状況を把握しないといけないね。」と言われました。
ううん?!それは聞いてないぞと思いました。がっくし。
でもやっぱり頑張らないといけないなと思いました。

帰りは高速で帰りました。
「福岡の病院に行ってくるね」と言っていたのでイヌさんたちは少しいつもよりお留守番が長いことがわかっていたようで落ち着いていました。
そしてみんなでゆっくり森でお散歩をしました。

森に遊びにきていた私の友人にイヌさんたちは初めて会いました。
ヴェンさんは円を描きながら近づき、鼻をツンと押し付けて初めて会った人に挨拶をしてそのまま遠ざかりました。
すごいと思いました。体はまったく緊張がみられなかったのでヴェンさんに任せたのですが、最近落ち着いて察してくれる人には挨拶したりしにいくようになりました。

ヴェンさんの成長にはいつも驚かされます。

↑ニャンモナイトとワンモナイトになってるふたり。
寝相がいつみてもかわいいので倒れそうになります。

にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です