シークレット花火やめてよ

2020年11月1日(日)

お父さんが最近少し遠出したくてうずうずしています。
鍋ケ滝に行ったことないから行きたい、阿蘇山の火口見たいとずっと言っていて、私のアトピーがまた少しだけひどくなってきたのでアトピーに効く温泉と滝を見にプチお出かけをしました。ずいぶんと久しぶりです。

でも私は本調子ではないので滝って歩かないといけないのかしらと少し不安でした。
ジオパークに認定されたとかで整備されていて少しがっかり。以前ここに住んでいた人たちは滝で泳いでいたそうなのでこうやって観光化するのはよくないよなぁと思いました。
なんだか人工的でがっかりしました。


お父さんは楽しんだ様子。
自分たちのスマホやカメラに自分たちの写真がないことに気づき、少しでも一緒に撮ろうと約束しました。

そして階段。魔の階段だ。
下りるのはきつくないのですが、上るのはとてもしんどいのでお父さんに負ぶってもらって無事車に戻ることができました。

アトピーに効く温泉は前も入ったことがあるところでしたが、乳白色のお湯で気持ちよかったです。

昼には帰って、やっぱり少しの遠出でも疲れるねとみんなでまたお昼寝をして、お散歩に行って夜ゆっくりしていたら、ドンドンドン!!!!!という大きな音が鳴り響きました。
「え??!!花火だ!!」と思い、窓を閉めて、花火だということをみんなに説明しましたが、ハウちゃんはもう怖くて怖くてブルブル震えてベッドの下に隠れても、怖くて一瞬もじっとできないほどおびえていました。
ルカは避難ルームにいて震えていました。

コロナ退散とかいってシークレット花火が各地で不定期に上がっています。
本当に花火もやめてほしいし、シークレット花火なんて困りすぎます。
花火は多くの生き物を傷つけ、環境を汚染することが分かっています。
花火でコロナが退散されているなら、とっくに終息しているでしょう。
今はデジタルでたくさんのことができるから花火もそれにすればいいのに。
脱走するイヌネコさんたちもいたでしょう。

10分ほどで終わりましたが、とても10分が長く感じました。
せめて日時が分かっていれば遠くに避難できたのに。

みんなをなぐさめて、おいしい梨を剥いて気分転換しました。

そのあと私はなゾクゾクと悪寒がし、ブルブル震え寒くてたまりませんでした。
そして熱ができました。湯あたりです。
この温泉10年前くらいも入って同じように湯あたりしました。
温泉成分が合わないのか、効きすぎたのか。。。。
熱が上がり切ったら楽になり、寝たら熱も下がりました。

8度5分以上でたら病院に行かなければいけないので(心内膜炎の可能性があるため)ほっとしましたが、久々の悪寒はきつかったです。
ヴェンさんが珍しく縦に私の上に乗って暖めて寝てくれました。
何事もなくてよかったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です