突然の知らせ

2021年2月4日(木)

朝からパソコン作業をしていると、親しい友人から連絡がありました。
その内容が大学の時に仲良しだった友人が亡くなって今日お通夜があるという知らせでした。
「え?!」と何のことか分からずに思考が動かず、連絡をしてきてくれた友人もとても混乱状態でした。

すぐに大学時代の友人たちに連絡をしました。
あまり知っている人が少なかったけれど、闘病していたということで何も知らなかったこともショックでした。
心配かけたらいけないと思って言わなかったのだと思います。

コロナがあるのでお通夜やお葬式には参列できないので、お通夜の終わった時間くらいに熊本にいる友人と一緒に会いに行くことにしました。

会おうと思ったらいつでも会えると思っていました。
元気で過ごしていると思っていました。
卒業してからみんな県外に行ったり、仕事だったり、子育てがあったりでなかなかタイミングが合わず数える程度しか会ってない。
でもいつでも会えると思っていました。

現実を受け止められず、とてもショックで悲しいです。

お通夜の終わった時間短時間でしたが、会うことができました。
たくさん写真が飾ってあり、あまり夫さんのこととかを話すほうではなかったけど幸せそうな写真がいっぱいで幸せな時間だったことがわかりました。

私は大学でもぼんやりしていたのでしっかりした友人たちの助けやアドバイスでなんとか履修科目を決めれたり、課題を出せたりしていました。
特にしっかりしていたのがこのAちゃんでした。
とても几帳面でいつもノートや写真はきれいにまとめてあり、面倒見もよく、私が編み物をお父さんに送りたいというときはずっと何度も何度も根気強く優しく教えてくれました。
だから手袋と帽子編めたよ。

いつもお菓子をもってきてみんなで食べたり、卒業旅行には一緒にイタリアにも行きました。

もっと無理やりにでも時間をつくって会っとけばよかった。
連絡もっとすればよかった。

なかなか大切な人でも会えないときが多いですが、時間があるとき、またzoomとかでも会えるときは会って、話せるときはなさないとと思いました。

悲しくてたまらない。
ありがとうを全然伝えてない。
おばあちゃんになってお茶しながら話したかった。

色々な気持ちが入り混じってなかなか整理できません。

にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

Makani日記 - にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)