ヴェンちゃんのミラクル間に入る

2011年3月24日(水)

今日昼ごはんの用意をしていたら、里芋を落としてコロコロと転がっていきました(私はよく落としてしまいます。)
すると、里芋はちょうどルカとハウの間に転がっていきました。
ルカもハウも里芋大好き、そして二人の距離がすごく近くて
「この里芋は僕のだ!!」と二人はニキニキしながら一触即発の雰囲気でガルガル言いだしました。

ルカも怖い顔をしていたし、ハウは自分が多分ライオンになったと思うくらい怖い顔でガルガル言っています。
二人の距離があまりに近かったのでどう割って入るのがいいかなと少し判断に迷っていました。
下手に間に入るといけないから慎重にしなきゃと考えていると、ヴェンさんが「ヴヴ!」と唸りながらもルカにボディアタックして二人の間に入り、見事二人の距離を話しました。
「喧嘩しないの!」とヴェンさんも少し唸っていましたが、その後二人が距離をとってあたりが落ち着くとヴェンさんも落ち着き、見事に二人を引き分けることに成功。

私はその間にシレッと里芋を回収しました。
でもこの光景を見てとてもとても感動しました。

ヴェンさんが間に入って、仲裁して、みんなを落ち着かせる行動までできるようになるなんて、以前では想像もしていなかったのです。
どこまでも成長しつづけるヴェンさんはすごい。イヌたちはすごい。

みんなが落ち着いてからヴェンさんに「さっきはありがとう。仲裁してくれて助かったよ。あんなこともできるんだね」と話すと、エッヘンとかわいいドヤ顔をしていました。

どんどんイヌのコミュニケーションを思い出して、駆使できるようになっているヴェンさん。
コンちゃんのを見て思い出したり、学んだりしているんだなぁと感動しました。

あとから考えたのが、ヴェンさんが近くにいなかった場合、私ができたこと。
もうひとつ遠くに(たとえばルカの近くに)里芋を転がすとか、こういうときはルカのほうが我に返りやすいのでルーちゃん側から少しずつ間にはいるなどできたかなと思いました。
でも見事にヴェンさんが間に入ってくれたのでよかったと思います。

にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

Makani日記 - にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)