ヴェンさん吐いちゃう

2021年4月2日(金)

いつもどおりヴェンさんはお昼間はグウグウお昼寝をして、ごはんもモリモリ食べて、おれっち君のお母さんとたのしくお散歩していました。
前は不安そうなことも多いJき:@L^お。し、なにかしら体の中に蓄積したイライラみたいなものも感じられましたが、最近はもうごきげんさん。
いつもニコニコさんになっていました。
そんなヴェンさんを見るのは私は本当にうれしいです。

私はたこ焼きが大好きです。
一度好きなものができると同じものを食べ続けるクセがあって、毎日毎日食べます。
好きな曲も同じものを何度も聞くのでお父さんがおもしろいねと言います。
何年か前、たこ焼きを自分で研究しながら作ったら本当においしいたこ焼きができたのです。
それから毎日毎日たこやきを食べたのですが、さすがにお父さんがたこ焼き恐怖症になってしまいました。
なのでお父さんが仕事が遅いときに、ベジタコを作るようになりました。
ルカもコンちゃんもハウもヴェンもベジタコ大好き♡
特にルカはお好み焼きとたこ焼きは大好物みたいです。

みんながイライラしないようにまず紅ショウガ抜きのものをイヌたちの分を焼き、冷ましておきます。
そして私の食べる分を焼いて、各々のさらに盛り付けておくと一緒に食べることができます。

ご飯を食べてのんびりしていたら、突然ヴェンさんが嘔吐しました。
何度も何度も嘔吐し、もう吐くものがなくなってもオエ~と苦しそうにしていました。
そしてよだれもたくさん出ていました。
これは大丈夫なのかすごく心配になりました。ただの消化不良のようでもありましたが、一度急性肝不全になったときも吐きました。(その時は泡も吹いて倒れた)
そしてしばらくしたら暗いところにいってぐったりしていたので、かかりつけ医にLINEをしました。
もう病院は閉まっている時間だったのですが、LINE対応をしてくださるので助かります。
水を飲んでも吐くようであれば夜間病院に行ったほうがいいということでした。

前にハウの顔がパンパンに腫れたときに行った福岡夜間救急センターに念のため予約の電話をしました。
そうしたら丁寧に対応してくれました。

ぐったりしていたので、同じ部屋で静かにくらいまま私も横になったら、近くにきて寝ました。
そして遅くお父さんが帰ってきたら起きて、少し元気になっていて水も飲み、吐きませんでした。

夜間救急センターに再び連絡して少しぐったりがなくなったから様子をみたほうがいいと判断したけれども、どうだろうかという旨を話すと明日朝からかかりつけの病院には行ってみたがいいとのことで朝一で病院に行くことにして早めに寝ました。
何かあればまた連絡をしてほしいという夜間救急センターがあり、安心します。
まだ運転をするとぐったりして何日か寝込んでしまうのですが、こういうときは底知れぬパワーが湧きたち動くことができます。

お父さんが「おれが連れていくよ。」と言いましたが、経緯を見ているのは私だし、色々なことを聞くことも私のほうがいいと思うからここは任せてくれ!と言っておきました。
でも夜間病院には行かずに済みました。


涎をたらしてきつそうなヴェンさん。「お口拭こうか?」と聞いてみたら「拭いて」とのことだったので柔らかく少し暖めたカーゼで拭きました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)