縫えばいける

2020年12月21日(月)

お父さんが論文の提出が終わってゆっくりできるかなと思ったら年末なので追い込み残業らしく、ゆっくり揃って過ごせるのはまだあと少し時間がいるのだなと思いました。

去年から服が破けたりしたら縫ってまた着るということを始めました。
今年はパンツと靴下がなぜか一斉に破けだすという大惨事。
お父さんがパンツに穴が空いたと言っていたので試しにチクチク縫ってみると
「問題なくはけるよ!」とのことだったし、見た目も分からないのでチクチクと穴をふさぐことにしました。
お布団が穴があいたときは当て布をしました。当て布をアップリケとかわいく言うお父さんにちょっとツボりました。

さあ、みんなお布団シャカシャカどんどんしても大丈夫よ。
みんな寝床を整えるためにシャカシャカと前足で掘る感じにするので穴が空いても大丈夫。
当て布がいけてないから、今度コットンの当て布用の切れ端を探そうと思いました。

薪ストーブを焚くとロフトも暖まるようで、イブちゃんたちネコさんたちは夜にロフトで過ごすこともあります。
そして点検のために(予算不足もあり)壁を作ってないのでキッチンとリビングにつながっている通路があります。
そこをつむちゃんがときどき楓ちゃんと走っていることがあります。

「あ、これルカは怖がるかな」と心配して「楓とつむが遊んでいる音だよ。」と言ってみたら「知ってる。」とのことでした。
トトトトトと音がするのですが、ほんの少しの時間です。
走る音もかわいいよねと全員一致(私とお父さん)しました。

もう少しでお父さんもお正月休みなので二人であれこれ片づけたいと思っているけれど、いつもダラダラして進まないけど今年は(来年?)は頑張りたい。

にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

Makani日記 - にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)